長野県有機農業研究会の公式ブログです。

2022年4月19日火曜日

【2022年5月11日 開催】北信地区 地区会&学習会

 北信地区より、地区会&学習会を以下のように企画してみましたので、お知らせをさせていただきます。(ほかの地区の方で興味ある方の参加もお待ちしております!)

今年2月の42回大会は、縄文小屋づくりを茅葺修行中の佐々田さんを中心にライブ配信しました。また、資源国のロシアによるウクライナの進行によってますます石油やガスの値上がりも予想されます。石油の高騰を端にして、食料や様々な物が値上がりし、食料危機が本当に起こるのではないかという危惧も見聞するようになってきました。そんな中、今回佐々田さんの師匠でもある、鬼無里在住の94歳の清水さんにお話をお聞きする機会を得ることができました。石油に頼らない暮らしや工夫を清水師匠から、また、ゲル(移動式住居)に詳しい戸隠の諏訪さんやみな様との交流を通して考えていけたらと思います。清水師匠がかつて使っていた、手動の木製もみすり機(するす)の体験も企画しています。


【日時】 2022年5月11日(水)

9:30 鬼無里ふるさと資料館 集合

9:40~11:45 清水さんの茅葺や麻のお話し

11:45~12:15 移動

12:30~15:00 するす実演・諏訪さんのゲル紹介・交流会

15:00 解散予定


【集合場所】 鬼無里ふるさと資料館 長野市鬼無里1659 (長野市内から車で約40分かかります。)

【交流会場】 戸隠ゆったり庵 (諏訪さん宅) 戸隠豊岡

【参加費】 500円(ふるさと資料館入館料込み)

【持ち物】 おにぎり(各自の主食)、可能な方は手前味噌を少量(昼食時に諏訪さんに持ち寄り味噌で汁物を用意して頂きます。) 一品持ち寄りも大歓迎。

【参加申し込み】 準備の都合上、参加希望者は事前に予約をお願いいたします。(5月6日期限) 参加者名、人数、当日の連絡先を下記までご連絡ください。

※会場の駐車スペースは限りがありますので、参加希望の方はできるだけ乗り合わせてお越しください。

※コロナ対策として、当日体調の悪い方は、ご連絡の上、参加は控えてください。参加予定者は、

検温とマスクの着用をお願いいたします。

連絡先等詳細は、メーリングリストをご参照ください。


2022年1月3日月曜日

第42回大会のお知らせ

第42回大会のお知らせ

今回の大会は会員で力を合わせ茅葺に挑む姿をオンライン(zoom)で生配信する形で開催します。

■日時:2022年2月27日(日)13:00 ~15:00

■会場 オンライン(Zoom参加無料)


■サテライト会場

●南信地区

場所:宮田村 村人テラス 長野県上伊那郡宮田村3247番地

申し込み先 南信地区長 矢野

タイムスケジュール:

ご都合の良いところで参加してください。※感染対策のためマスク持参でお願いします。

10:00~12:00 哲学カフェ

喫茶付き 500円

カフェスタイルのラフな哲学対談

12:00~13:00 ランチ

地元猟師のジビエカレー+コーヒーor甘酒 500円

子ども食堂などで使う 余った野菜や食材がある方は、少し持ってきていただければありがたいです。

13:00~15:00 オンライン大会視聴

15:00~16:00 交流会


●東信地区 現在未定 お問い合わせください       酒井

●中信地区 現在未定 お問い合わせください       津村

●北信地区 サテライト会場の予定無し


■テーマ

茅葺き職人の仕事から農ある暮らしがみえてくる。

 〜”ライブ茅葺き” 縄文小屋づくりを配信〜


■主旨

茅葺き作業を行えば鎌や鋏など刃物を研ぐ技術、縄の結び方や小屋組など大工の技術も身に付きますので、百姓のうちの十姓は自分のものになります。茅葺き屋根の葺き替えで出るものは、全て土に還ることから茅葺きを農的な暮らしと組み合わせればパーマカルチャーが成立します。

「温故知新」茅葺き屋根を葺く技には、先人の知恵がぎっしりと詰まっています。今回の大会では、そうした茅葺き作業の現場を生配信して実感していただくと共に、これから農的な暮らしを始めてみたいと考えている人たちとの交流を深めたいと思います。


■内容

 昨年の大会の「農ある暮らし」の発表者の一人でもあり、茅葺職人修行中の築北村の佐々田さんのもとに有志が集まって、茅葺で縄文小屋つくりを骨組みを建てるところから生配信します。オンラインでの参加者からの質問にも佐々田さんに答えてもらいながら、縄の結び方や基本的な茅葺のイロハを佐々田さんに話してもらいつつ、2時間内で縄文小屋の完成をめざします。


⚫佐々田さんに「茅葺きに興味を持ったきっかけと「茅葺きの魅力を聞いてみました。

きっかけは4年前に参加した茅葺きの小屋をつくるワークショップでした。単純に面白そうだなぁと直感し参加を決めました。ワークショップの一年後、縁あって茅葺き屋根の解体の手伝いをさせてもらうことになりました。その茅葺き屋根はほぼ土に還っていて、屋根から木が生えていたり、土の中にはカブト虫の幼虫がいたりしました。ススキも生えていて、屋根自らが屋根材を自給してて驚きました。笑 最初の現場はそんな感じでセンス・オブ・ワンダー全開だったのです。

その後、茅刈や茅葺き屋根の修理の手伝いもさせていただき、自然な感じで茅葺きの世界に入って行きました。

茅葺きと出逢う前から、農的な暮らしをしながらDIYをするという生き方(百姓のような生き方)を思い描いていたのですが、親方から茅葺きを続けて行けば、「百姓のうちの十姓は身に付くよ、と言われました。鎌や鋏など刃物を研ぐ技術、縄の結び、小屋組についても理解が深まるので大工の技術も上がります。解体現場で出た土に還った茅は保湿効果があり、空気も入るので畑の土が良くなります。このように、茅葺きそのものが農的な暮らしやDIYととても相性が良いのです。というか茅葺きそのものの中に農的な暮らしやDIYに必要な技術が詰まっているように思います。

二十代の後半でパーマカルチャーという思想体系に出会いました。それ以来、家と庭で環境に負荷をかけず、持続可能な暮らしを実現したいと思うようになりました。少しずつ取り入れられるものは取り入れて暮らしています。2年間茅葺きに関わって気づいたことは茅葺きそのものがパーマカルチャーの一部なんだなぁと言うことです。どういうことかと言うと、パーマカルチャーの考え方に1つのものに2つ以上の機能を持たせるというものがあります。茅葺きに使われるススキは屋根材としてはもちろん、朽ちれば堆肥になりますし、屋根材として使う前には雪囲いにも使われていたそうです。

茅葺き屋根を葺く過程では、先人の知恵が詰まっているなぁと感じます。小屋組で使われる結び、例えば男結びは緩まないようにテンションをかけたまま縛ることができ、使う縄の量も最小なため、縄を無駄にすることがありません。昔は全て手綯いの縄。それをできる限り無駄にしないとても合理的な結びで感心します。直交する部材を固定する箱結びも、縄の摩擦と、割を入れることで横の部材の自重でズレることがなくなります。他にも茅葺きの修理の方法や足場の吊り方など、先人の知恵を至る所にみてとれます。温故知新なのです。

■参加申し込み方法

オンラインでの参加を希望する方は申し込みが必要です。申し込みあった方にはオンライン参加するためのアカウントをお知らせします。定員になり次第、締め切らせていただきますので、早めに申し込みをお願いします。

申し込みフォームhttps://forms.gle/M3gBrnkg6ACXJDGp7

2021年5月8日土曜日

ゲノム編集作物に対する対応方針と懸念表明文

 当会はゲノム編集作物への対応について運営委員会で協議し、下記の「懸念表明文」を、会報、会HP(ブログ)にて世に示すことを決定いたしました。

この意見・認識は、ゲノム編集作物の作付に対して懸念を抱いている一般消費者・農家の皆さんに、会の内外を問わず広く共有していただければと考えています。

各個人が懸念を人に伝えるときの意見のたたき台や、行政はじめどこに対してでも、懸念を提示する文書の元として自由に利用していただければ幸いです。


ゲノム編集作物に対する対応方針と懸念表明文









2021年3月3日水曜日

第41回 長野県有機農業研究会総会のお知らせ

 日も長くなり、いよいよ種まきのシーズンとなりました。

長野有機農研会員の皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、会報101号でもお知らせしたとおり、
第41回 長野県有機農業研究会総会は、
新型コロナ感染症拡大の状況を鑑み、オンライン会議システム「ZOOM」によるリモート開催になります。

日時 3月7日(日) 19:00~

以下のリンクからサイトを開き、ミーティングIDとパスワードを入力してログインしてください。
https://zoom.us/j/93256858038?pwd=dFdGVVNkOGJEQW96akVHWHJkTVo0dz09

ミーティングID: 932 5685 8038
パスコード: yuuki228

ネット環境にカメラがなくても、マイクさえあれば会議に参加・発言できます。

総会資料はファイルで以下の5つあります。

2020
年度 事業報告案
2020
年度 決算報告
2020
年 大会(東信)収支報告
2021
年度 事業計画案
2021
年度 予算案

有機農研全体メーリングしストにご加入いただいていない方には上記資料をお届けできていませんので、
事務局 酒井までお知らせください。
メールにて送付いたします。
メール受信ができない場合は郵送も可能です。

酒井明弘
mugihosi※dream.bbexcite.jp
 (は@に置き換えてください)
384-0703
 南佐久郡佐久穂町 大字千代里 4649-22

日が迫ってからのお知らせになって申し訳ありませんが、
事前に目を通しておいていただければ幸いです。

長野県有機農業研究会
事務局 酒井明弘

2020年12月13日日曜日

第41回長野県有機農業研究会大会のお知らせ

 第41回長野県有機農業研究会大会は、新型コロナウイルスの影響により、今回の大会はオンライン(Zoom)で開催することになりました。

■日時:2021年2月28日(日)13時から16時30分
■会場:オンライン(Zoom 参加無料)
■テーマ
~コロナ禍の先を見据えて~
百者百様の”農ある暮らし”でこれからの時代を切り開こう!

詳細は、こちら↓でご確認ください。

2019年5月18日土曜日

【2019年6月2日 開催】北信地区学習会のお知らせ

北信地区学習会が開催されます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

北信地区学習会のお知らせ

信州発! 持続可能な農業国際シンポジウム

長野から有機農業の波紋を打ち出そう


日時: 2019年6月2日(日)13:00~17:30
会場:勤労女性会館しなのき 2Fホール
 〒381-0000長野市西鶴賀町1481-1

主催:長野県有機農業研究会、NAGANO農と食の会、OBUSE食と農の未来会議、須坂市環境保全型農業の会、総合地球環境学研究所 FEASTプロジェクト 

後援:長野県、日本の種(たね)を守る会、小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン(SFFNJ)、NPO法人みどりの市民、子どもの食・農を守る会伊那谷

問合せ カネマツ物産内 NAGANO農と食の会事務局 
〒381-1231 長野県長野市松代町松代583
電話: 026-278-1501
メール:kanematsuclub@gmail.com小山まで

お申し込み このサイトからお申し込みください。お問い合わせは上記メールでお願いします。

プログラム(予定)
 12:30 受付
 13:00 開会 主催者挨拶 長野県有機農業研究会会長 勝山卓栄
 イントロダクション「食と農から見た環境・経済的に持続可能な信州」
 スティーブン・マックグリービー
 基調講演 なぜ、いま時代は有機農業なのか (仮題)
 ミゲール・アルティエリ カリフォルニア大学バークレー校教授
 15:30
 シンポジウム〜女性の視点から見たいのちを育むこれからの食と農業
 国際家族農業年+10 フランスにおける有機農業・学校給食
 関根佳恵 愛知学院大学准教授(ビデオ・メッセージ)
 クララ・ニコルーズ カリフォルニア大学バークレー校 常任講師
 国際ジャーナリスト 堤未果
 松本市内有機農家  斎藤えりか
 池田町町議会議員  松野亮子
 17:00 閉会

なぜ、いま持続可能な農業国際シンポなのか?

 来る6月15日、16日にG20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合が軽井沢町で開催されますが、長野県は、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて優れた取組を提案する「SDGs未来都市」として、平成30年6月に全国で初めて選定されたところです。

 「しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)」の推進に当たっても、世界的な課題であるSDGsを意識し、誰一人取り残さない(インクルーシヴ)持続可能な社会づくりに取り組むとともに、SDGsの理念を信州から世界に発信していくこととしています。また、「長野県版エシカル消費」では、人、地域、社会、環境への配慮に加え、長寿県としての特徴を持たせ、健康も重視し、食育への取り組みを重点事項として盛り込み、地消地産の推進、地域産有機野菜の消費拡大による地域内経済循環の拡大をうたっています。第3期長野県有機農業推進計画に基づき、交流の場づくりによる消費者・生産者の結びつきの強化、有機農産物の情報発信、有機農業への理解と支援を図ることとしています。

 一方、平成32年までに1兆円の農産物を輸出するとの国の方針を受け、長野県においても、ぶどう、りんごを中心に、米、野菜、花きを海外へ輸出することとしています。「地域循環共生圏(エシカル消費・SDGs認証制度)」においては、SDGsに取り組む企業のブランド化を図り、全国・世界的なエシカル消費の拡大をすることが課題となっていることから、信州産有機農産物として世界に情報を発信し、ブランド化を図っていく必要があります。

 さて、世界に目を転じると、いま世界では有機農業(アグロエコロジー)が主流になっているのをご存知でしょうか。2008年の食料危機を背景にFAOは有機農業を推進することとし、2019年から「国際家族農業年+10」が始まっています。また、「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言」が12月の国連総会で採択されたところです。

 ヨーロッパではSDGsや地球温暖化への危機感を背景に、有機農業を実践する小規模家族農家の育成に向けた農政転換が進んでいます。これを支えるのが学校給食等での公共調達と消費者の高いエシカル意識です。フランスでは学校給食の6割を家族農家が生産した有機農産物・地消地産農産物とすることが決まっていますし、有機100%給食を実現した自治体もあります。

 ですが、私たちの長野県も負けてはいません。実は、長野県佐久市(旧臼田町)は、日本の有機農業運動の発祥の地のひとつです。若月俊一医師の慧眼によって1970年代に早くも提唱されていた有機物の土壌への還元、農薬汚染の環境や身体への影響、食を介した農と医療との連携といったメッセージは、いま、FAOやSDGs、そして、フランスの農政大転換といった動きを介して、ようやく世界が気づいたことなのです。まさに、半世紀という時を介して世界の最先端がやっと長野に追いついて来たとも言えるでしょう。

 そこで、世界的な有機農業の権威、カリフォルニア大学バークレー校のミゲル・アルティエリ名誉教授の来日を記念して、地域内経済循環や食に詳しい総合地球環境学研究所のスティーブン・マックグリービー準教授、国際アグロエコロジー学会長の同大学クララ・ニコルス常任講師、国際ジャーナリスト、堤未果氏を招聘し、県内で有機農業を行う女性農業者、学校給食に有機農業を取り入れることで町おこしを考える女性議員とともに、世界の最先端の話題を聞きながら、命を育む女性の視点から小規模な家族農家でも豊かな暮らしが成り立つ持続可能な経済のあり方を考えてみませんか。



●長野県有機農業研究会 農業生産者、加工業者、消費者、医師、研究者、ジャーナリスト等、有機農業に関わる幅広い人々が集い、1981年に発足。「環境破壊を伴わず、地力を維持培養しつつ、健康で質の良い食物を生産する農業の探求・普及、ひいては持続可能な社会をつくりあげること」を目的とし、マジメな社会問題から楽しい暮らしの巧みに至るまでを話題とし、現在も「有機農業」を共通項に、年代も立場も様々な約200名の会員が楽しく活動している。

●NAGANO農と食の会 有機農業者、渡辺啓道、久保田清隆、有機農産物の流通業者カネマツ物産の小山都代が共同代表となり2013年3月に発足。月1回の定例会も76回を迎える。「野菜で変わる生きる形―」を掲げ、「安心して家族に食べさせられる食べ物」を軸に、農の寺子屋、食の寺子屋、学校給食への取り組みを含め有機野菜ヘの理解と普及等多様な事業を展開している。

●OBUSE 食と農の未来会議 子ども、孫たちのために未来の小布施町を考えるコミュニティグループ。農家、消費者、食と農に関わる事業者、行政など、食と農に関心のある人の情報交換、学習を目的として2018年12月に発足した。食と農について学ぶ勉強会や講演会、学校給食を考えるワークショップ等を開催。今後は、有機農業体験なども行い安全な食に対する意識を地域で広げる活動をしていく。

●総合地球環境学研究所 地球環境学の総合的研究を行う文部科学省大学共同利用機関のひとつとして2001年3月に創設。人と
地球の未来のあるべき姿を考え、その多様性も含めた理解と解明のための研究を進めている。FEASTプロジェクトは、持続可能な地球社会の基盤を支える食と農の新たなあり方を目指し、実践的な研究を進めている。FEASTプロジェクトは、持続可能な地球社会の基盤を支える食と農の新たなあり方を目指し、実践的な研究を進めている。

パネリスト紹介

ミゲール・アルティエリ (Miguel Altieri) カリフォルニア大学名誉教授。生態学の理論を用いて、生産性が高く、かつ資源の節約に適した農業システムを研究・設計・維持・評価する学問分野「アグロエコロジー」の提唱者。ラテンアメリカにおいて、アグロエコロジーの実践を通じて資源に乏しい小規模農家を支援している。

クララ・ニコールズ(Clara Nicholls) カリフォルニア大学ラテンアメリカ研究学センター常任講師。ラテンアメリカ・アグロエコロジー学会代表。コロンビア出身の農学者。害虫を生物学的に制御する生物多様性に富んだ農業生態系の発展に焦点を当てた研究を進める。また、ラテンアメリカにてアグロエコロジーのアプローチを用いた農業の持続可能性向上に向けた活動を幅広く行っている。

スティーブン・マックグリービー (Steven McGreevy) 京都大学農学博士。総合地球環境学研究所准教授。実践プロジェクト「持続可能な食の消費と生産を実現するライフワールドの構築―食農体系の転換に向けて」(略称:FEAST) プロジェクトリーダー。農業および農村地域の持続可能な開発、食やエネルギー転換等を活用した農村の活性化への新しい取り組みや、地元のコミュニティにおける食の消費と生産方法の連携について研究をしている。

堤未果(Mika Tsutsumi) 国際ジャーナリスト。ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒業。ニューヨーク市立大学院国際関係論学科修士号。徹底した現場取材と公文書分析による調査報道による多数の著書は海外でも翻訳され高く評価されている。最新刊は「日本が売られる」(幻冬舎新書)。夫は参議院議員の川田龍平氏。

関根佳恵(Kae Sekine) 愛知学院大学准教授。京都大学大学院で博士号(経済学)。世界食料保障委員会専門家ハイレベルパネルの報告書「食料保障のための小規模農業への投資」の執筆に日本人として唯一参加。小規模家族農業の専門家として、小規模・家族農業ネットワーク・ジャパンの設立を呼びかける。2008年度はFAOで客員研究員を務めた。

斎藤えりか(Erika Saito) 有機農家。千葉大学卒業。学生時代から、環境問題、貧困問題の現状を学ぶため世界30カ国に足を伸ばす。NGO職員として、アフリカのマラウイとスーダンにて1年ずつ貧困支援活動に従事。現地での活動から、先進国での消費行動が貧困や環境問題を引き起す一つの原因であることを目の当たりにし、帰国後、有機農業の道に進む。農薬も肥料も使わない方法で多品目野菜を栽培中。

松野亮子(Ryoko Matsuno) 池田町議会議員。津田塾大学国際関係学科卒業。イギリス、ケント大学で法学博士号。内分泌かく乱物質や遺伝子組み換え食品が次世代に及ぼす影響に危機感を覚え、帰国後にコンサルタントを経た後、自給自足の生活を目指して池田に移住。オーガニックタウンの実現を目指している。


【報告】Ina Daze Brewing 学習会レポート

2019年5月15日に南信地区学習会が開催されました。